memorow

とりあえずメモっとくブログ

【本】人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

今週はタイトルから面白そうなこちらの本を読んだ!

 

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている 

 

ざっくり言うと、

実力も大事だが、それよりも「勘違いさせる力」=「錯覚資産」が重要らしい!

 

錯覚資産とは、ハロー効果の認知バイアスの一種。 

ハロー効果は

・東大を出ていれば、学力だけでなく人間的にも優れている。

・見た目が良ければ、仕事もできる

など実際には関係していなくても、全体的にすぐれていると錯覚してしまうことをいうらしい。

 

本書では、錯覚資産を

「人々が自分に対して持っている自分に都合のいい思考の錯覚」は一種の資産として機能する。

としている。

 

この錯覚資産とは何かの説明や利用すれば、どのような効果があるのか、どう錯覚資産を増やしていくのかなどの説明が本書には書かれている。

また錯覚資産なんて、人を騙しているだけじゃないかフェアじゃないという人にも、

錯覚資産について知っておくことで、それを利用する人に騙されにくくなるそうだ。

 

自分はスキルアップをもくもくとやるタイプだが、

そういうタイプは実務でのスキルアップや出世の機会に恵まれにくく、

さらに悪いことに、スキルが低くても錯覚資産をもった人に最終的にスキルでも抜かれてしまうそうだ。。

錯覚資産をもった方が優秀に見えるため機会に恵まれて実務経験を積みやすくなり、そのサイクルを回していくことでさらに機会に恵まれていくという好循環が生まれるからだそうだ。たしかにそうかもしれない汗

 

スキルアップしてもスキルは目には見えづらく、努力しているかどうかの違いなんて周りからはわからない。

 

本書では、錯覚資産は数字などで実績がわかりやすく伝わるものが良く、

その数字や実績を思い出してもらいやすいとさらに良いとのことだ。

 

勝手に解釈するに、

一般的聞いて、もしくは会社的にすごいって思われること(興味をひかれること、アピールポイント)をいくつかもっておいて、

この人は○○の人だとか、○○だったらこの人だと思ってもらえるようなことを増やして行けば良さそうだ。

自分のようなプログラマーなら、○○言語できますより、

個人で○○のサービスを作って、利益やらユーザ数やらPV数がこのくらいありまっせって言えたらバッチリということかな!

 

その他

・人間は「一貫して偏った間違った物語」に説得力と魅力を感じて、「バランスの取れた総合的な正しい判断」は説得力がなく退屈で面白くないと感じる

 

・上手くいくかどうかなんて運ゲーだから、チャレンジする回数をどんどん増やしていく(成功すれば、さらに次は成功しやすくなるらしい)

 

スキルアップばかりで、錯覚資産を築いていない自分のようなプログラマーにおすすめかもですね笑

 

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

 

【映画】レディ・プレイヤー1

映画「レディ・プレイヤー1」をAmazonでレンタルして観た!

 

内容:(アマゾンの商品説明から)

いまから27年後の世界。人類はゴーグル1つですべての夢が実現するVRワールド[オアシス]に生きていた。そこは、誰もがなりたいものになれる場所。無敵のヒーローやハーレークイン、キティだってなれる夢の世界!ある日、オアシスの天才創設者からの遺言が発表される―「全世界に告ぐ。オアシスに眠る3つの謎を解いた者に全財産56兆円と、この世界のすべてを授けよう」と。突然の宣告に誰もが沸き立ち、56兆円をめぐって、子供から巨大企業まで全世界の壮大な争奪戦が始まった!果たして想像を超えた戦いの先に、勝利を手にするのは一体誰だ!

ジャンル:

 アクション、SF、アドベンチャー

監督:

 スティーブン・スピルバーグ

 

 

感想:

レビュー数が217件の星4つ(2018年9月現在)だったので、前からちょっと気になっていたのでみてみたら、久しぶりに面白い映画だった!

見終わって気づいたけどスティーブン・スピルバーグ監督の映画なんですね!

 

・レースゲーム、ホラー、ダンス、戦争とリアルな描写が良い

・日本のキャラクターもちょいちょい出てくる笑 というか日本人出てるよね?

メカゴジラとかガンダムとか!ヒロインがAKIRAのバイクに乗っていたりします笑)

・近未来のSF系の映画見てると良いアイデアとか、面白い考え、発想が浮かんできたりするよね、クリエイディブ系の人には見てほしい!

 

正直、映画のサムネに面白さを感じないし、日本のタイトル「レディ・プレイヤー1」から全然内容想像できない点があれですが、内容は面白かったので

暇な人はぜひ、観てください!

たぶん、アバターとか、トロンレガシー?とか好きならおすすめです!

 

勝手に点数つけるなら93点くらいです!

(いやー、自分の中だとけっこうな高得点だった!)

 

レディ・プレイヤー1

http://amzn.asia/d/hDcJt5C

 

追記:

映画内で登場する「シャイニング」という映画が気になって観ました。

amazonプライム会員なら無料!)

うん、なんかつまらんかった。字幕かつ、ながら作業で観たからかな、34点くらいだった。

最後のジャックの死に顔が志村けんにしか見えなかったわ。

https://amzn.to/2IrX6zV

 

 

 

 

 

【本】学びを結果に変えるアウトプット大全

2018年8月3日に出版された

「学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)」を読んでみた。 

 

学びを結果に変えるアウトプット大全

学びを結果に変えるアウトプット大全

 

 

すばり、タイトルが気になった!

(2018年9月現在では、レビュー数122件の星4.5とけっこう高評価だ)

 

自分はインプットばかりで、よくて9:1くらい(インプット:アウトプット)。

 

しかも知識や技術を自分のものにできているかといえば..うーんってな感じで、ブログにまとめたり、人に教えたりできればより、理解が深まりそうなんだけどなって感じていたところに、ぴったりの本があったわけですよ(そういうわけで、かなり興味が惹かれた笑)

 

この本は、精神科医ですごい量のアウトプットを長年してきた著者がアウトプットについてまとめた本です。

 

本書で気になった箇所抜粋

・現実はアウトプットでしか変わらないし、アウトプットの量で成長曲線は決まる

 

・読書完走テンプレート

「ビフォー」+「気づき」「TO DO」

 この本を読む前は○○でした。

 この本を読んで私は、△△について気がつきました。

 今後、xxを実行していこうと思います。

テンプレートをベースに肉付けをしていく 

 

・ブログの「100-300-1000の法則」

記事数が100件、300件、1000件を超えるごとにとアクセス数が変わってくるらしい。

(記事100件いけたら、それだけで自分の中では、かなりすごいけど

まず100件を目標に頑張ろりたい)

 

まとめ

心理学の知識などに関する内容も多いので、あまりこの手の本を読んだことのない人には、まとめられていておすすめです。

ザイオンス効果

・カクテル・パーティー効果

・返報性の法則

・緊張の楽しみ方

 

本書にも書かれていますが、著者のビジョンは

「精神医学、心理学をわかりやすくお伝えすることで、うつ病や自殺を減らしたい。病気を予防したい」とありますので、

そういう想いから心理学についての内容(本書に関係している)も多いのかもしれないですね。

(すでにビジネス書をよく読まれる、心理学に興味がある方には、すでに知ってるって部分がありそう。全体の3分の2くらい。。)

 

 

あなたも読んでアウトプットしてみてはいかがでしょうか!

 

ブログの1記事目にぴったりの本でした笑

このブログを読んでいただきありがとうございました!

学びを結果に変えるアウトプット大全

学びを結果に変えるアウトプット大全